アニメNEW

無料アニメ動画まとめ
説明

ハピネスチャージプリキュア! 評価レビュー

新作アニメ

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く
「プリキュアシリーズ」放送開始10周年記念作品。初期メンバーが2人で構成されているのは、『スイートプリキュア♪』以来3年ぶりだが、発表時点で追加キャラクターが公開されている。また、『ふたりはプリキュア Splash Star』以来8年ぶりにフォームチェンジが組み込まれている。
今回の劇中世界では、各大陸にプリキュアのチームが存在し、その活躍がニュースで報道されるなど、「プリキュア」が世界共通の言葉として認知されている設定となっている。「みんなを幸せにするために戦います!」をテーマに、「ハピネス注入!」を合言葉として、不幸オーラがパワーの源のクイーン・ミラージュ率いる悪の組織「幻影帝国」と戦う。また、「おしゃれ」「お着替え」をモチーフとしており、変身アイテムであるプリチェンミラーとプリカードを使ってプリキュアに変身したり、多種多様なコスチュームへのフォームチェンジを行う。さらにこれまでのエンディングのダンス映像で培った3DCG映像技術を活かし、フォームチェンジ後は3DCGによるダンス映像を使用、ダンスによって戦う要素も盛り込まれる。この他、プリキュアをサポートする2人の男性との淡い恋愛模様も描写される事になっている。
プロデューサー陣には前作『ドキドキ!プリキュア』から引き続き東映アニメーションの柴田宏明と朝日放送の土肥繁葉樹が起用され、柴田は「読んで字のごとく、人々に幸せをお届けするプリキュア。全国のお子さんたち、ご家族の方が日曜朝にハッピーな気持ちになれる作品を目指して鋭意制作中」、土肥は「毎日の生活を送るなかで、人は大なり小なり壁にぶつかり、もがきながら乗り越えようとしているはず。ときに気持ちが折れそうになったとき、自分を鼓舞し、心の支えとなってくれるのは何か。『プリキュア』が今でもそうした存在になりうることを、自信を持って訴えたい」と語っている(この他、広告代理店のADKからは、高橋知子が参加)。シリーズディレクターには『ハートキャッチプリキュア!』で同職を務めた長峯達也が、シリーズ構成には『Yes!プリキュア5』シリーズで同職を務め、シリーズ全作に於いて脚本担当として参加している成田良美が起用されている。番組放送開始前に都内で行った会見で土肥は「どんなにつらく厳しい状況でも、気持ちの持ちようで世界が違って見えてくる。仲間がいれば、力を合わせて前に進むことができる。そんなメッセージを込めて、お送りします」と語った。白雪ひめ役の潘めぐみは「この道でやってくぞ!と決めて10年。アニメから夢や希望をたくさん浴びてチャージしてきたハピネスを、テレビの前の皆さんに全身全霊で届けたい」と熱意を語った。また、主題歌はオープニングテーマの歌唱をAKB48出身の仲谷明香が担当し、自身初のソロでのシングルデビューとなった。エンディングテーマは、3作連続で、声優でもある吉田仁美が歌う事となった。
また、本作ではシリーズ放送開始10周年を記念して、記念ロゴが制作されたほか、放送開始から毎週1回につき1人ずつ番組のオープニング冒頭で『ふたりはプリキュア / ふたりはプリキュア Max Heart』から前作『ドキドキ!プリキュア』までの合計33人の歴代プリキュアによるメッセージ映像が放送される。詳細は各話リストを参照。
前作から引き続き、データ放送やスマートフォンアプリとの連動企画が行われ、データ放送では着せ替えゲームと当選したらテレドームに電話をかけることでプレゼントが貰えるこれまで通りの物に加え、シリーズで初めてオーバーレイ表示を導入し、時刻表示を非表示・通常表示・プリキュア仕様の表示に切り替える事が可能となった(このため実際の放送では通常の時刻出しのスーパーは加えられていない)。スマートフォンアプリでは応援する事で歴代のプリキュア37人の3Dモデルが貰えるようになっている。この他、視聴者からのプリキュアの似顔絵投稿を受け付け、番組やデータ放送、ABCの公式ウェブサイトで紹介される予定。この待遇の反動で、Aパートのみアイキャッチが廃止されている。
続きを表示する

評価レビューを書く

名前: 0/20
本文: 0/2000
id: 0/8

評価レビュー

このアニメの評価レビューはまだありません






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索