アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

BLACK BLOOD BROTHERS 評価レビュー

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く
吸血鬼の実在が公のものとなった「九龍ショック」から10年、吸血鬼の兄弟望月ジローと望月コタロウは、人間と吸血鬼が共存する日本の海上都市「特区」を目指していた。日本に上陸した2人はオーダー・コフィン・カンパニーの調停員(コンプロマイザー)葛城ミミコと出会い、彼女の案内で特区へ向かう。同じように特区を目指す吸血鬼の難民達とカンパニーの鎮圧チームとの争いに巻き込まれながらも特区に辿り着く2名だったが、協定血族の盟主でありかつてのジローの戦友でもあるケイン・ウォーロックと龍王セイは彼らの受け入れを拒否する。

ジローとコタロウの特区入りと時を同じくして、特区に「九龍の血統」の吸血鬼が侵入する。九龍の血統の長カーサが特区に来ていることを知ったジローはコタロウの身の危険を感じ、ミミコに特区を離れることを告げて姿を消す。カンパニーや協定血族の吸血鬼たちが九龍の血統殲滅のために動く中、ジローとコタロウを特区に住ませることを諦めきれないミミコは、2人と再会するための手掛かりを求める。その中で、特区の都市伝説「第十一地区」の名前が挙がる。

九龍の血統の策士ザザの策により九龍の血統が増殖し特区中が混乱に陥る中、ミミコと再会し、カーサを撃退に追いやったジローは、カンパニー調停部の部長であり九龍ショック時代のパートナーだった陣内ショウゴと再会する。彼から特区の「第十一地区」と呼ばれる場所に九龍の血統の始祖アダム・王の遺灰が封印されていること、カーサらの狙いがアダム・王の復活であることを知ったジローは、陣内の頼みを受け、ミミコの護衛(クローザー)として特区に住むことになった。
続きを表示する

評価レビューを書く

名前: 0/20
本文: 0/2000
id: 0/8

評価レビュー

このアニメの評価レビューはまだありません






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索