アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

1話:黒いアタッシュケース

2話:バシュタールの惨劇

3話:発令! 電磁ネットワイヤー作戦 上海に墜つ…

4話:豪傑たちの黄昏〜勝利の鐘、未だ響かず〜

5話:真実のバシュタール!〜過ぎ去りし少年のあの日々…〜

6話:罪と罰〜全てはビッグ・ファイアのために〜

7話:大団円〜散りゆくは、美しき幻の夜

関連無料配信動画

なし

作品情報

シズマ博士が開発した、完全無公害・完全リサイクル可能な夢のエネルギー源、シズマドライブの恩恵で、未曾有の繁栄を迎えた人類。しかし、争いの種は尽きなかった。世界征服を企む秘密結社BF団と、それに対抗するため組織された国際警察機構が世界の裏面で激しい闘いを続けていたのだ。国際警察機構側の九大天王を筆頭としたエキスパート達、BF団側の十傑集を筆頭にしたエージェント達が争う中、エキスパートの一人である草間大作は、父の形見である巨大ロボット、ジャイアントロボを操り、人類の未来と平和のためにBF団と戦っていた。 冒頭BF団に追われ、黒いアタッシェケース(比喩。実際には茶色。ただしタイトル等で「黒い」とされている。鮎川ミステリの影響と思われる)を抱えて逃走するシズマ博士。シズマ博士は間一髪のところで国際警察機構のエキスパートとジャイアントロボに助けられた。彼が持っていたアタッシェケースには、当時知られていたシズマ管とは似て非なる謎のシズマ管が収められていた。 一方、パリでは、地表の異様な盛り上がりと周辺地域のエネルギー停止現象が発生。それは昔、バシュタールの惨劇で観測されたエネルギー中和現象と同じものであると思われた。現場調査に当たっていたエキスパート、村雨健二は現象の中心に巨大な建造物を発見する。それこそ、BF団によって製造された、大怪球フォーグラーであった。 謎のシズマ管をめぐって国際警察機構とBF団が中国を舞台に争っている間に、再びエネルギー中和現象が発動される。照明が光を失い、あらゆるシズマドライブが沈黙する中、ジャイアントロボは活動が可能であった。すでにシズマドライブ以外の動力は死滅していたという状況下、どのようにしてあの巨大なロボットが動いているのだろうか。 ジャイアントロボは忌むべき動力機関として人類が記憶から消し去ろうとしていた原子力を利用していたのである。このことは秘匿されていることであり、はからずもエネルギー中和現象によって露見することとなった。
続きを表示する
検索タグ:OVA ロボット






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索