アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

こみっくパーティーRevolution

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

1話:この本、売れてほしいですの!

2話:ふみゅ〜ん、私を海に連れてって!

3話:うちらが目指すんは――超人野球や!

4話:私の想い……きいてください!

5話:熱闘! コスプレファイト!

6話:塚本印刷を救えですの

7話:猪ノ坊でブラボー!

8話:テニスのお姫様(プリンセス)(仮)

9話:史上最大の血戦!

10話:オトモダチからはじめましょ

11話:恐怖の毒同人

12話:立て和樹、世界征服だ

13話:As time goes by

関連無料配信動画

なし

作品情報

『こみっくパーティーRevolution』は、アクアプラス通販専売OVAとして2003年12月22日に第1巻が発売された。全4巻。なお、アクアプラス通販だけでなくコミケ企業ブースなどのアクアプラス出展イベントでも購入可能。略称は『Revolution』や『こみパR』。 作画面では『アイドル防衛隊ハミングバード』や『マクロス7』などの一般アニメの他、『VIPER』や『超昂天使エスカレイヤー』などのアダルト作品でも広く名を知られている桂憲一郎をキャラクターデザインに起用したことで、どのキャラクターも原作の雰囲気にかなり忠実な容姿となった。 なお、アニメーション制作を担当したカオスプロジェクトは本作以降、アクアプラス製品のアニメパートやアニメ化作品の制作によく関わるようになった。 内容面は1話につき1人か2人のヒロインを重点的に描く一方で、ギャグやお色気(入浴シーン程度)も盛り込むというファンサービス色の濃いものであるが、物語性や巻毎の話の整合性などは一切考慮されていない一話完結型である。また、各キャラクターの基本設定が原作準拠に戻された。 2005年4月?6月には、『アニメ魂』枠において全13話のTVアニメとして放送された。第1話から第4話までは上記のOVA全4巻の再編集版(OVA版から5分弱短縮されたため、アバン部分やエンドクレジット後のオチ、第4話の牧村南のシャワーシーンなど本編の一部を削除。更にエンドクレジットの背景アニメーションが全く異なる)、第5話から第13話までがTV放送のために新規制作された分である。なお、全話を通してオープニングアニメーションはカオスプロジェクトによるOVA版の流用だったが、エンディングアニメーションはRADIXによる新規制作版(原画は中野典克が担当)が放送された。 なお、KSS版第1話アバンに『To Heart』のキャラクター達が登場したように、本作でも第5話に『ToHeart2』の柚原このみ(声優はオリジナルと同じく、落合祐里香)が登場しているが、こちらは夢オチではなく、和樹のコスプレによるものである。 また、GyaOの開設初期に配信されていた作品の一つでもある。
続きを表示する
検索タグ:






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索