アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

こどものおもちゃ

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

1話:私、ヒモいる小学生

2話:教室まるごとサルの山

3話:目ン玉歯ン玉作戦だ!

4話:一匹狼ヒュールルル

5話:羽山グレグレどこへ行く

6話:親子丼バカまずくて食えん

7話:来海くるくる恋敵

8話:ジュースまみれの初キッス

9話:ピンチピンチの紗南の恋

10話:恋はピヨピヨとんでった

11話:父よ、あなたは父だった

12話:今度は紗南がロンリーウルフ

13話:僕の名前が変わります

14話:約束の夏・その前編

15話:約束の夏・その続き

16話:ドキドキふたつあったとさ

17話:アッとたまげた母の本

18話:腹ペコ二人がかくれんぼ

19話:娘泣く泣く母も泣く

20話:紗南ちゃんクイズでイー感じ

21話:スモールサイズの羽山かも

22話:カラテな心と引退宣言

23話:晴れときどき行方不明

24話:算数人生ボケラッター

25話:心の傷のバンソーコー?

26話:コケコッコーの朝は来る

27話:同情もしてカネかして

28話:らぶらぶ羽山父の歌

29話:やって来ました母の母

30話:私の彼はやせ我慢

31話:へびが土足でヅーカヅカ

32話:父よあなたはつかまった

33話:愛はカレーの味がした

34話:歌う心は3.2.1

35話:プレゼントにはワケがある

36話:私を草津につれてって

37話:キスだ戦えカラテとラッパ

38話:どきどきキスなクリスマス

39話:100匹ハヤガーりんぷんぷん/ばびんがびびんがぼんばびぼー

40話:ある日突然家なき子

41話:ホサレちゃったのあの人に

42話:しめきりギリギリきりきりまい

43話:オヤジのような彼だった

44話:五味くん五味くんどこ行くの

45話:悲喜こもごものバレンタイン

46話:逃げた私が悪いのか

47話:あなたとおんなじ屋根の下

48話:父よ、あなたが父だった

49話:これがふたりのラストシーン

50話:涙なだれて春が来る

51話:今日まで、そして明日から

52話:トイレで出会った大親友

53話:人生計画キッスでブッツン

54話:恋にはハンパな紗南だった

55話:女優はお山にこもります

56話:ホントにホントにホン気にホント

57話:スシにつられてウソンコ彼氏

58話:お山にラブラブあったとさ

59話:ケガも嵐も乗り越えて

60話:フラれて気づいた恋もある

61話:フラれて泣いてる私じゃないよ

62話:燃えつきちゃったの今年の夏は

63話:噂は信じちゃダメなのよ

64話:どっかにあるでしょホントのことが

65話:そして二人はロングバイバイ

66話:逃げちゃえ逃げちゃえ海越えて

67話:ニューヨークったらサスペンス

68話:渡る世間は謎ばかり

69話:あなたの瞳もエメラルド

70話:ランチタイムは危険な感じ

71話:寝耳に水の母だった

72話:知りすぎちゃったの私の秘密

73話:アメーリカンなバカ親子

74話:母はいそいそ悪だくみ

75話:娘よどこにマンハッタン

76話:帰っちゃおーかな帰ろかな

77話:パパよ、あなたが悪かった

78話:最初で最後の母子でケンカ

79話:父になれない父もいた

80話:も一度歌って3・2・1

81話:ハロー・グッバイ・私の恋

82話:あれからウチらはイー感じ

83話:ベストカップルばかりカモ

84話:ジャーマネちゃんはピーチピチ

85話:言えねえセリフもあったとさ

86話:見えなくなったら見えてきた

87話:たたカレおわカレどこへ行く?

88話:いつか来たのネこんな日が

89話:イヴにハレルヤ?我がココロ

90話:メカハヤマハハハハハハヤマ/魔法の呪いはベベンのベンキ

91話:明けましちゃったらファンが来た

92話:ちっともカンタン算数ビデオ

93話:おんなじ名前で出ています

94話:転げてハジケりゃこどちゃな春よ

95話:おさまりましたね元のサヤ

96話:待っててスグ行く大人の恋

97話:しあわせ計画・金貸して

98話:お姉ちゃんたら恋模様

99話:カラテ部ヨイトコちょとオイデ

100話:黒板消しが消えていた

101話:三人そろって消えていた

102話:こどちゃは続くよどこまでもーー

関連無料配信動画

なし

作品情報

学級崩壊、少年犯罪、家庭崩壊、親の離婚など現代の社会問題を「こども」の視点で語っており、少女漫画の枠を越え、様々な世代の支持を受けた。 主人公の役どころは当時の芸能界で注目されていたチャイドルだった。子役スターを主人公とし、連載当初からアニメ放映時期の1996年頃にマッチした題材を扱っていた事もあり、いわゆる「チャイドルブーム」に拍車をかけた。しかし、そのブームは瞬く間に沈静化し1998年頃には消滅。漫画の連載最終巻頃にはあまり話題に上ることはなくなり、ひっそりとした最終巻を迎えている。チャイドルブームが長く続けば第2部で続編が作られるという噂も飛び交ったが、結局噂に留まった。最終巻の最終話ではチャイドルブームが沈静化して天才子役倉田紗南の人気も沈静化したというエピソードが描かれているが、これは同時に紗南の子役からの脱皮と心の成長を暗示した結末ともなっている。
続きを表示する
検索タグ:少女漫画






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索