アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

CLUSTER EDGE

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

1話:アゲートという名の少年

2話:ベリルの剣

3話:冷たい銃弾

4話:漆黒のクロム団登場!!

5話:奇蹟のレース

6話:教授とフォン

7話:過去への旅

8話:生徒会選挙

9話:館の亡霊

10話:運命の道

11話:それぞれの想い

12話:アゲートの叫び

13話:カールスの遺したもの

14話:明日への風

15話:エマへの手紙

16話:クロムとアゲート

17話:怯えた瞳

18話:翼のもとに

19話:大空への絆

20話:さまよえる人造兵

21話:決意の時

22話:悲しき怒り

23話:遺言

24話:破滅への序曲

25話:裁きの火、そして、明日へ

関連無料配信動画

なし

作品情報

20世紀初頭のヨーロッパに似た世界を舞台に、「大人社会」に立ち向かう少年たちの戦いを描いた作品。感情を持たない人間を兵器として扱う人造兵問題をアナロジーとして用い、客観的な立場で人間世界の人種差別的な要素に対する洞察を盛り込み、ただの学生に過ぎない主人公達が社会的問題に立ち向かう群像劇を描いている。 当初は順調に進行していたアニメ本編であったが、中盤以降ダイジェストやバンクシーンが増加。放送スケジュールの管理が甘かった事から、制作中にも関わらず監督が降板すると言う珍事も起こっている。結果として内容が散漫し、全25話を持ってしても消化不良なストーリーとなった。魅力的な登場人物に心を惹かれた視聴者もいたが、作品の展開に関しては否定的な意見も上がるなど、賛否の別れるアニメとなった。 主な批判的立場からの意見は上記の通りだが、とはいえ賛成的立場からの意見も無視できない。スケジュール管理上の問題すなわちダイジェストやバンクシーンを除けば、その伝えようとしている内容は一見に値するため、安易にその本質を否定するべきではない。本作品の本質はあくまで人造兵を人間の客観的立場として描いているのであって、人造兵そのものを人間とまったくことなるものとして扱っているわけではない。人造兵とはいわば人間の子供のアナロジーであり、それが誕生以後の生育環境によってどのように変化するか(物語の設定としては兵士として洗脳されるものの)、アゲートやクロムに代表されるように必ずしも人間と全く異なるものではない。つまり「大人社会」に立ち向かう少年たち、すなわち非人造兵と人間の両者を含む\"人間\"の戦いを描いた作品なのである。
続きを表示する
検索タグ:






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索