アニメNEW

無料アニメ動画まとめ
説明

らんま1/2 OVA

新作アニメ

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く
動画リンクが表示されていない場合はアドブロック・コンテンツブロッカーなどの広告ブロックが影響しています。
広告ブロックを解除してください。
毎日クリックして応援
ブログランキング FC2

1話:熱闘歌合戦 その1/その2

2話:天道家のおよびでない奴ら!

3話:TVタイトルズ

4話:とっておきトーク ベスト・オブ・メモリーズ

5話:シャンプー豹変! 反転宝珠の禍

6話:天道家 すくらんぶるクリスマス

7話:あかねVSらんま お母さんの味は私が守る!

8話:学園に吹く嵐! アダルトチェンジひな子先生

9話:道を継ぐ者(前編)/道を継ぐ者(後編)

10話:よみがえる記憶(上巻)/よみがえる記憶(下巻)

11話:バトルがいっぱい29人の懲りないやつら

12話:ミュージックビデオ

13話:ああ呪いの破恋洞! 我が愛は永遠に

14話:邪悪の鬼

15話:二人のあかね「乱馬、私を見て!」

16話:悪夢!春眠香

作品情報

1980年代の週刊少年サンデーを『うる星やつら』のヒットで牽引した高橋留美子の次作。小学館の期待に応えた大ヒット作となり、国内の単行本コミックス発行部数は約5300万部[2]で、高橋留美子作品ではベストセラーである。 読みきりが中心だった前作とは違い、基本的には中長編が中心だが、読み切りの話もある。本作は格闘シーンが豊富であり、ここが今までの高橋留美子作品と大きく違うところであり、バラエティに富んだ展開が多く、読者を飽きさせない工夫がされている。特徴的なのが、謎解き要素が多く、乱馬などのキャラクターが、相手の技の原理や正体、もしくはその話のキーアイテムの本質を見抜き、なおかつ場合によっては、その克服方法を見出すまでの過程で楽しませようとする、高橋留美子としては新しい展開が多い。このような展開のため、ただ戦っているだけで話が進んでいく格闘漫画とは一線を画していて、このような手法はのちの高橋留美子作品の『犬夜叉』にも引き継がれている。またシリアス一辺倒ではなく、あくまでもギャグ漫画として高橋留美子色を出しつつ展開するという方法をとっている。作者曰く「笑える格闘漫画が基本」と語っている。初期の頃はギャグ格闘と言えるが、後期では中国から来たキャラ相手にはシリアス格闘となっている。また、高橋留美子作品としては珍しく主人公、ヒロインなどの親の名前(早乙女玄馬、天道早雲など)が明らかにされている。 1989年にはフジテレビでテレビアニメ化された。在京5局では再放送されていないが、ケーブルテレビ、スカパー!等のキッズステーションで繰り返し再放送されている。 CD、オリジナルビデオアニメ、アニメ映画、ゲームなども多数制作されている。 また現在では通例となっているが、本作では声優がキャラクター名義で楽曲を多数リリースした。これは当時としては画期的であり、1990年に発売されたキャラクターソングアルバム『らんま1/2熱闘歌合戦』は大ヒットし、第5回日本ゴールドディスク大賞アルバム賞アニメ部門を受賞した。本作以前にも『めぞん一刻』の音無響子など、声優がキャラクター名義でレコード・CDを発売した例はあったものの、『らんま』では主人公だけでなくサブキャラクターも単独で大量にキャラクターソングを発表した。 日本国内だけでなく、アメリカ、アジア、ヨーロッパなど世界中にファンが存在する。これは1990年代からアニメが輸出され各国のテレビで放送された影響も大きい。2001年に公開された映画『冷静と情熱のあいだ』では、イタリア国内でのシーンにおいてイタリア語版のアニメがテレビに映っているシーンがあり、エンドクレジットにも記載されている。単行本は2011年現在、少なくとも22カ国・地域で19言語版が出版されており、代表作として高橋の作品では最も多く翻訳されている。また、ノルウェー語訳・ロシア語訳された初の日本漫画でもある(タイトルはそれぞれ”Ranma1/2”、\"Ранма1/2\")。 連載終了した1996年に小学館で『少年サンデーグラフィック らんま1/2メモリアル・ブック』が刊行された。 なおエキサイト翻訳において、「英→日」の状態で\'Ranma\'と入力して翻訳すると、\'らんま1/2\'となる。 Bing翻訳でRanma→らんま。Akane→茜。
続きを表示する
検索タグ:OVA らんま






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索