アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

機動警察パトレイバー 初期OVA

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

1話:第2小隊出動せよ!

2話:ロングショット

3話:4億5千万年の罠

4話:Lの悲劇

5話:二課の一番長い日(前編)

6話:二課の一番長い日(後編)

7話:特車隊、北へ!

作品情報

機動警察パトレイバーの原点となった作品。当初全6巻として企画されていたが、後に7巻が追加された。 当時としては異例尽くしの「一巻4,800円・一本30分(VOL.1-1/2傾向と対策は7分、VOL.6-1/2かわら版は20分)・全6話」というフォーマットを初めて採用。コストを下げるために、OVAとしては初めてCMを取り入れた(AXIAのカセットテープ)。なお、VOL.1-1/2(傾向と対策)の定価は980円、VOL.6-1/2(かわら版)の定価は2800円であった。 また劇場版以降の作品に比べ、色設定は変更されていないにもかかわらず、実際の色合いが異なる。これも同様にコスト対策で、セルアニメだった当時、撮影フィルムにコダック社製を使用していた為(セルアニメのみならず映画用フィルムで標準的に使用されていたのは富士フイルム製)。 購入者の一部にOVAで使用された色設定が記された原画とセル画が配られた。 後に発売されたDVD版では『アーリーデイズ』という副題が付けられている。
続きを表示する
検索タグ:機動警察パトレイバー ロボット OVA






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索