アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

地球へ… 劇場版

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

作品情報

1980年4月26日に東映によりアニメ映画化された。前年に大ヒットした「銀河鉄道999」に続く人気コミックの映画化作品として期待されたが、アニメを制作した経験のない恩地日出夫が監督に就任したことで、アニメとしては異色の作品となったこともあり、作品内容は賛否が分かれた。しかし原作者自ら「私の作品で『地球へ…』が最も有名になったのはアニメ化された為かもしれない」と語っているように最初の映像化作品であり、原作との違いも含めて「地球へ…」を語る上で欠かせない作品である。 映画版は、オリジナルにはないラブストーリーや戦闘シーンが追加され、原作とは違った雰囲気のものとなっている。このことを質問された作者は、「映画化を許諾した時点で全く別の作品と思っているので、全く気にしていない」という趣旨のコメントをしている。特に目立った相違点としては、 地球(テラ)の運命。物語のクライマックスから結末にかけての展開で、原作と大きく異なっている。 原作 -“コンピュータに左右されるのはもう御免だ”とキースがコンピュータ・テラを止めた為、地球内部は崩壊、パニックになる。人間もミュウもマグマと溶岩が噴出する地上で死に、フィシス他ごく少数だけが生き残る。 映画 - コンピュータ・テラは動き続ける。人間はマザーコンピュータの爆発に巻き込まれて多数が死に絶えるが、地上にまでは被害が及ばなかったため、救助に降りてきたミュウ達に助けられる。人間とミュウは手を取り合い、自然がほぼ完全に再生しつつある地上で助け合いながら混乱を乗り越えた。トォニィは戦争が終われば自分はただの災厄になるだけだと判断し、25人の有志とともに地球を離れる決意をする。そして、遠い惑星から地球を見守り、人間とミュウが完全に共存できた時に再度地球に呼びかける決意をして旅立つ。 トォニィがジョミーとカリナの間に生まれた子になっている。 上記の要件ゆえにカリナの設定年齢が高い。 ミュウ側の宇宙船や兵器が生物(貝類)を想起させるデザインとなっている(原作ではSFによくあるメカニックな意匠)。 などが挙げられる。 主要な役に有名俳優を多数起用し、アフレコ時、主要キャラクターはコスプレをしながら行なった。本作品の公開に先立って声優コンテストが行われ、砂子弘美、木内一裕の2名が優勝した。 VHS、LDで発売されている。DVDは2007年6月21日にリリースされた。
続きを表示する
検索タグ:地球へ 映画






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索