アニメNEW

無料アニメ動画まとめ
説明

バイオハザード:ディジェネレーション

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く
毎日クリックして応援
FC2

作品情報

1998年夏、米国中西部の工業都市ラクーンシティでバイオハザードが起こった。国際的巨大製薬企業アンブレラ社が開発したT-ウイルスが研究所から漏洩、市民が次々と感染しゾンビ化していったのだ。このバイオハザードを食い止めるため、米国政府は「滅菌作戦」としてラクーンシティにミサイル攻撃を行った。これによってラクーンシティは跡形もなく消し飛び、消滅した。 アンブレラ社は政府から業務停止命令を下され、それが元で世界中でアンブレラ株が暴落、会社は事実上崩壊した。 しかし、これを皮切りにT-ウイルスはテロリストたちの手に渡り、バイオテロに利用され始めることとなった。 ラクーンシティ消滅から7年後の2005年、当事ラクーンシティから辛くも生還したレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドは、別々の道を歩みながらバイオテロ撲滅のための戦いを続けていた。レオンは米国大統領直轄のエージェントとなって極秘任務をこなす日々を送り、ヨーロッパの山村に誘拐された大統領令嬢を見事救出するなど確かな実績を残していた。クレアはNGOに所属し、世界中を飛び回ってバイオテロや薬害の被災者救済に尽力していた。 一方、製薬業界では巨大製薬企業ウィルファーマ社が力をつけ始めていた。上院議員のロン・デイビスは、そのウィルファーマ社の研究所を米国中西部の工業都市ハーバードヴィルに誘致した。しかし、ハーバードヴィルでは地元住民がラクーンシティの惨劇の再来を懸念し、誘致反対のデモを起こしていた。 そんなある日、ハーバードヴィルの空港に降り立ったクレアは、空港利用客の中に1人のゾンビを発見した。そのゾンビに警備員が噛まれたのを皮切りに次々と感染者が増大し、空港は大パニックとなった。 一方、ハーバードヴィルに向かって飛行中の旅客機の中でも、感染者が出たことでパニックが起こっていた。空港に緊急着陸を試みるも失敗、空港のロビーに突っ込んで爆発炎上してしまう。飛行機から降りてきた乗員乗客は皆ゾンビ化していた。 この事態によってクレアは、居合わせたロン上院議員や知り合いの姪のラーニーらと共に空港の一室に立てこもることとなる。 同じ頃、米国政府にテロリストから犯行声明があった。テロリストの要求は、7年前に政府が隠蔽したラクーンシティ消滅事件の真相を、大統領自ら公表すること。この要求が拒否された場合は、T-ウイルスを米国中に撒き散らすというのだ。事態を重く見た大統領は、直轄のエージェントであるレオンをハーバードヴィルに向かわせる。 ハーバードヴィルに到着したレオンは、地元警察の特殊部隊「SRT(Special Responce Team)」のアンジェラ・ミラーとグレッグ・グレンとともに、空港に取り残された人たちを救出するべく作戦を練る。空港の屋上から侵入したレオン達だったが、空港の中はゾンビの巣窟と化していた…
続きを表示する
検索タグ:バイオハザード






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索