アニメNEW

アニメ動画無料配信
説明

人狼 JIN-ROH

アプデ情報

ランキング

アニメ映画

みんなの評価:評価レビューを書く

関連無料配信動画

なし

作品情報

「あの決定的な敗戦から十数年」--第二次世界大戦の戦敗国・日本。戦勝国・ドイツによる占領統治下の混迷からようやく抜け出し、国際社会への復帰のために強行された経済政策は、失業者と凶悪犯罪の増加、また、セクトと呼ばれる過激派集団の形成を促し、本来それらに対応するはずの自治体警察の能力を超えた武装闘争が、深刻な社会問題と化していた。 政府は、国家警察への昇格を目論む自治警を牽制し、同時に自衛隊の治安出動を回避するため、高い戦闘力を持つ警察機関として「首都圏治安警察機構」、通称「首都警」を組織した。 そんな情勢下での東京。街頭では学生らのデモが行われており、自治警機動隊がこれと対峙している。その後方には共同警備の首都警部隊が待機していたが、首都警副長・半田は、デモ隊にセクトの人間が紛れ込んでいることを察していながら、「この場の指揮権は自治警にある」と傍観を続けていた。一方セクトの面々は、このデモに乗じて機動隊を攻撃しようと、地下水路を活用して仲間に火炎瓶などを供給していた。 そんな中、野次馬に紛れていたセクトの活動員の1人が、赤いコートの少女から受け取った鞄を機動隊に向けて投げつけた。鞄--威力の強い投擲爆弾が炸裂し、街路は大きな炎と爆音に包まれ、複数の機動隊員が吹き飛ばされた。ついに指揮官はデモ鎮圧の号令を出し、機動隊とデモ隊は本格的に衝突する。 地上の混乱をよそに、地下水路を移動していたセクトの活動員らだったが、途中で首都警の戦闘部隊「特機隊」に囲まれてしまう。無表情なマスクと鎧のような装甲服を身に纏い、汎用機関銃(MG42)を構えて活動員らを包囲する特機隊。武器を捨て投降するよう指示するが、活動員らは半狂乱の様相で特機隊にサブマシンガンを乱射し始める。すぐに特機隊も応戦、活動員らは汎用機関銃によって蜂の巣にされてしまう。 先刻、投擲爆弾を活動員に手渡した赤いコートの少女が、地下水路の別の場所でこの音を聞いていた。彼女は、主に武器の輸送を担当するセクトのメンバー、通称「赤ずきん」の1人で、新しい投擲爆弾を携行し、別行動をしているところだった。 特機隊によって仲間がやられたことを悟って逃走を試みるが、彼女も間もなく特機隊に包囲されてしまう。包囲した隊員の一人、伏一貴巡査は投降を呼びかけるが、少女は投擲爆弾での自爆を試みる。「なぜだ」伏は戸惑いのあまり、仲間からの射撃指示も耳に入らない。少女は意を決し、信管を作動させる紐を引き抜いた。伏を庇って覆いかぶさる仲間の特機隊員。間髪入れず、地下水道は爆音に包まれた。 爆発の影響で地上は停電に見舞われ、デモ隊はその闇に乗じて逃走してしまう。 数日後、首都警幹部らが今後の対応策について話し合っていた。元々、特機隊の攻撃的姿勢が世論に指弾されていた上に、先日のデモの際、自治警機動隊が特機隊の不手際によって制圧に失敗、容疑者を取り逃がしてしまったため、自治警からの批判がより強くなっていたのだ。自治警と首都警の縄張り問題で思うように動けないことに不満を持っていた特機隊長・巽は、自治警との共同警備体制を破棄するよう主張するが、警備部長の安仁屋や、自治警に独自のパイプを持ち、ある思惑を内に隠している公安部の室戸は慎重論を唱える。結局、適切な行動を取らなかった伏に何らかの処分を下すことのみ決定し、話し合いは終了した。 後日、査問会にて責任を問われた伏は、当分の間、首都警養成学校での再訓練を命じられる。 同期の友人・辺見に頼んで自爆した少女のことを調べてもらい、その少女・七生の墓地を訪れる伏。墓の前に立っていた、七生の姉を名乗る少女・圭。その出会いをきっかけに2人は関係を深めていく。だがそれは室戸と、彼の下で働く辺見が企てた罠だった。やがて事態は、特機隊が自治警公安部とその背後にある首都警公安部と銃火を交える、警察内部の「内戦」へと発展していく。
続きを表示する
検索タグ:押井守 映画






ホーム

検索

ブクマ

視聴履歴

メニュー

検索